テント倉庫はどのようなもの?所有する前に知っておきたい豆知識をたくさんご紹介します

このサイトでは、テント倉庫に関する情報をご紹介しています。
テントを使用した倉庫はどのようなものかということについても、ご紹介しています。
所有する前に知っておきたい豆知識も数多く紹介しているサイトです。
テントの倉庫はデザインにこだわることが可能であることも、このサイトでは紹介していて、デザインの参考にすることも可能です。
テントの倉庫は修繕しやすいのが魅力であるという情報も、このサイトでは紹介しています。

テント倉庫はどのようなもの?所有する前に知っておきたい豆知識をたくさんご紹介します

テント倉庫の豆知識として紹介できるのは、テント倉庫とはどのようなものかということです。
テント倉庫は金属の骨組みがベースとなっているということも、所有する前に知っておけば役立つ豆知識です。
この金属の骨組みの上から生地を多い被せるのが、基本的な構造になります。
こうした豆知識を知っておけば、どのようなタイプの倉庫であるか、見たことがない人でも想像しやすくなるのがメリットです。
使用する生地により、特徴が異なっています。

テント倉庫のメリットは低コストかつ短期間で建てられるところ

テント倉庫は構造が非常にシンプルで、一般的な倉庫と比べると少人数で施工することがでるため、施工に要する人件費が抑えられます。
加えて、テント倉庫は建物重量が軽いので、軟弱な地盤でない限りは基礎のボリュームも抑えることが可能です。
これらの要因から、テント倉庫は低コストで建てられるというメリットがあります。
また、基礎工事・鉄骨組立工事・生地張り工事というシンプルな工程で建築できるとともに、一般的な倉庫と比べると施工期間も短くなります。
施工期間は倉庫の大きさによって異なりますが、一般的には3か月程度、小型の倉庫であれば2か月ほどで完成するので、スムーズに事業をスタートさせることが可能です。
低コストかつ短期間で建てられるというメリット以外にも、三角地などの変形地でも柔軟に対応できる、採光性が高い生地を採用すれば日中は室内照明が不要になる、耐震性が高いといった魅力もあります。

テント倉庫のデメリットは熱がこもりやすくて暑いところ

テント倉庫は、日中は太陽光により照明が不要なほど室内が明るいというメリットがあります。
テント屋根は一般的に暑くなるイメージですが、実際には折板屋根がガルバ鋼鈑の屋根よりも温度が低くなるメリットもあります。
夏場は室温が40℃を超えるケースも珍しくなく、暑い環境下での作業は従業員の熱中症のリスクを上昇させてしまいます。
特に、全面がシートに覆われている閉鎖型のテント倉庫の場合は風通しが悪く、室内が高温になりやすいので注意が必要です。
このデメリットを解消するには、エアコンを設置したり空調服を導入したりすることが大切で、必要に応じてサッシ窓やベンチレーターを設けることも検討しましょう。
ベンチレーターとは換気装置のことで、モーターとファンによって強制的に換気を行うタイプ、自然通風や気温差によって換気を行うタイプ、換気扇タイプといった種類があります。
また、テント倉庫を導入する際やシートの張替えを行う際に、断熱性が高い遮熱シートを採用するのもおすすめです。
遮熱シートを導入すれば、室温を3℃から5℃ほど下げることができます。
さらに、屋根にスプリンクラーを設置して、屋根の温度を下げることで室温上昇を防ぐという方法もあります。

テント倉庫はシンプルで費用対効果が高い

テント倉庫は基本的な工程が基礎工事や鉄骨組立工事、生地張り工事というものなので一般建築と比較して施工期間が短く済むことが特徴です。
またテント倉庫には構造適合性判定が不要なため、最もスタンダードなものでは着工から完成まで最短で2ヶ月間程度で完了することが特徴です。
メリットの1つとして「費用対効果が高い」ことが挙げられ、一般的な本建築に比べてシンプルな構造と軽量素材なので、少人数で施工することが可能であり人件費を抑えることができます。
基礎工事のボリュームの削減や合理的な構造で済む点から、初期費用を最小限に抑えることができることや、テントの素材に透光性の高いものを選ぶようにすることで日中は室内照明が不要なほどの明るさが維持できます。
他にもいびつな敷地や奥に長い長方形地などの変形地でも設計が可能で、希望や要望にあわせてオプションを組み合わせることで、より快適な環境と空間が創出可能で総合的に費用対効果が高くなります。

テント倉庫なら外の明るさを生かすことができる

テント倉庫のメリットは沢山ありますが、その中には外の明るさを生かせる状態にあることもメリットになります。
当然ながら流通業で利用されている倉庫の場合は頑丈な屋根と外壁で作られており、天井には照明器具を多数設置していることは一般的です。
テント倉庫であれば日中は天井も側面も同じ素材のシートを使っていても、光を通す白色系であれば照明器具を使わずに明るい環境で利用することができるので、電気を使わないことで経費を縮小することにも役立ちます。
耐火性や耐水性、耐候性に優れたテント倉庫のシートは様々なメーカーから販売されていますが、紫外線を100%カットしつつ13%程度の透過率を実現することで中にやわらかい光をもたらせ、エコな環境を作り出せます。
業務用として利用する際にもこの手のシートを活用することで、朝から夕方までの時間は十分な明るさを維持することができるので、照明器具を購入する費用もカットできます。
夜間になると当然ながら暗がりになりますが、スタンドタイプで移動可能な照明器具を導入すると完璧です。