テント倉庫はどのようなもの?所有する前に知っておきたい豆知識をたくさんご紹介します

このサイトでは、テント倉庫に関する情報をご紹介しています。
テントを使用した倉庫はどのようなものかということについても、ご紹介しています。
所有する前に知っておきたい豆知識も数多く紹介しているサイトです。
テントの倉庫はデザインにこだわることが可能であることも、このサイトでは紹介していて、デザインの参考にすることも可能です。
テントの倉庫は修繕しやすいのが魅力であるという情報も、このサイトでは紹介しています。

テント倉庫はどのようなもの?所有する前に知っておきたい豆知識をたくさんご紹介します

テント倉庫の豆知識として紹介できるのは、テント倉庫とはどのようなものかということです。
テント倉庫は金属の骨組みがベースとなっているということも、所有する前に知っておけば役立つ豆知識です。
この金属の骨組みの上から生地を多い被せるのが、基本的な構造になります。
こうした豆知識を知っておけば、どのようなタイプの倉庫であるか、見たことがない人でも想像しやすくなるのがメリットです。
使用する生地により、特徴が異なっています。

テント倉庫のメリットは低コストかつ短期間で建てられるところ

テント倉庫は構造が非常にシンプルで、一般的な倉庫と比べると少人数で施工することがでるため、施工に要する人件費が抑えられます。
加えて、テント倉庫は建物重量が軽いので、軟弱な地盤でない限りは基礎のボリュームも抑えることが可能です。
これらの要因から、テント倉庫は低コストで建てられるというメリットがあります。
また、基礎工事・鉄骨組立工事・生地張り工事というシンプルな工程で建築できるとともに、一般的な倉庫と比べると施工期間も短くなります。
施工期間は倉庫の大きさによって異なりますが、一般的には3か月程度、小型の倉庫であれば2か月ほどで完成するので、スムーズに事業をスタートさせることが可能です。
低コストかつ短期間で建てられるというメリット以外にも、三角地などの変形地でも柔軟に対応できる、採光性が高い生地を採用すれば日中は室内照明が不要になる、耐震性が高いといった魅力もあります。

テント倉庫のデメリットは熱がこもりやすくて暑いところ

テント倉庫は、日中は太陽光により照明が不要なほど室内が明るいというメリットがあります。
テント屋根は一般的に暑くなるイメージですが、実際には折板屋根がガルバ鋼鈑の屋根よりも温度が低くなるメリットもあります。
夏場は室温が40℃を超えるケースも珍しくなく、暑い環境下での作業は従業員の熱中症のリスクを上昇させてしまいます。
特に、全面がシートに覆われている閉鎖型のテント倉庫の場合は風通しが悪く、室内が高温になりやすいので注意が必要です。
このデメリットを解消するには、エアコンを設置したり空調服を導入したりすることが大切で、必要に応じてサッシ窓やベンチレーターを設けることも検討しましょう。
ベンチレーターとは換気装置のことで、モーターとファンによって強制的に換気を行うタイプ、自然通風や気温差によって換気を行うタイプ、換気扇タイプといった種類があります。
また、テント倉庫を導入する際やシートの張替えを行う際に、断熱性が高い遮熱シートを採用するのもおすすめです。
遮熱シートを導入すれば、室温を3℃から5℃ほど下げることができます。
さらに、屋根にスプリンクラーを設置して、屋根の温度を下げることで室温上昇を防ぐという方法もあります。

テント倉庫はシンプルで費用対効果が高い

テント倉庫は基本的な工程が基礎工事や鉄骨組立工事、生地張り工事というものなので一般建築と比較して施工期間が短く済むことが特徴です。
またテント倉庫には構造適合性判定が不要なため、最もスタンダードなものでは着工から完成まで最短で2ヶ月間程度で完了することが特徴です。
メリットの1つとして「費用対効果が高い」ことが挙げられ、一般的な本建築に比べてシンプルな構造と軽量素材なので、少人数で施工することが可能であり人件費を抑えることができます。
基礎工事のボリュームの削減や合理的な構造で済む点から、初期費用を最小限に抑えることができることや、テントの素材に透光性の高いものを選ぶようにすることで日中は室内照明が不要なほどの明るさが維持できます。
他にもいびつな敷地や奥に長い長方形地などの変形地でも設計が可能で、希望や要望にあわせてオプションを組み合わせることで、より快適な環境と空間が創出可能で総合的に費用対効果が高くなります。

テント倉庫なら外の明るさを生かすことができる

テント倉庫のメリットは沢山ありますが、その中には外の明るさを生かせる状態にあることもメリットになります。
当然ながら流通業で利用されている倉庫の場合は頑丈な屋根と外壁で作られており、天井には照明器具を多数設置していることは一般的です。
テント倉庫であれば日中は天井も側面も同じ素材のシートを使っていても、光を通す白色系であれば照明器具を使わずに明るい環境で利用することができるので、電気を使わないことで経費を縮小することにも役立ちます。
耐火性や耐水性、耐候性に優れたテント倉庫のシートは様々なメーカーから販売されていますが、紫外線を100%カットしつつ13%程度の透過率を実現することで中にやわらかい光をもたらせ、エコな環境を作り出せます。
業務用として利用する際にもこの手のシートを活用することで、朝から夕方までの時間は十分な明るさを維持することができるので、照明器具を購入する費用もカットできます。
夜間になると当然ながら暗がりになりますが、スタンドタイプで移動可能な照明器具を導入すると完璧です。

中古のテント倉庫を購入する時のポイント

テント倉庫は簡単に設営をすることができ様々なものを収納することができるため、いろいろな場面で利用されています。
そのため最近ではその需要も多くなかなか新品が手に入らないと言うことも少なくありません。
この場合には中古で販売されているものを入手し利用すると言う方法もあり、金額的にも安いことから積極的に購入したいと言う人も増えています。
しかし、中古のテント倉庫を購入する場合には様々なチェックすべきポイントがあり、これを怠ると思わぬトラブルを招くことになることから十分に意識をしなければなりません。
せっかくのテント倉庫であっても、効果的に利用することができなくなってしまうため、気をつけることが必要です。
テント倉庫は一般的に1度撮影をすると長期間そのままの状態になってしまうことが多く、柱などが影響を受けていることも多いものです。
金属製の場合には錆びてしまいその強度が低下していたり、また布地の1部が破れているなどといったものが販売されていることもあります。
購入前にはこのような部分を確実にチェックし、良い状態のものを選ぶことが大切です。

テント倉庫があれば天候を気にせず作業できる

骨組みとテント生地で構成されているテント倉庫があれば、雨の日も風の日も気にせずに作業できるのではないでしょうか。
屋外での作業となると天候が問題になることが多いですが、屋根や壁があるテント倉庫の中だと、天気が変化しても作業が続けられます。
大きさは大小様々ありますし、骨組みがしっかりしているにも関わらず、柱など作業を邪魔するものがないのも魅力です。
想定される風の強さに耐えられるように設計されているので、想定外の強風や台風でもない限りは安全です。
テント倉庫の中は、広々としていて天井も高く、荷物の積み下ろしや保管なども簡単に行えます。
梱包や開梱作業も快適ですし、車両も余裕を持って入ることができますから、倉庫内で殆どの作業が実現します。
天候は一度悪化すると荷物を濡らしてしまったり、品質低下の原因になることもあるので要注意です。
しかし一見簡易的に見えても屋内で作業できる環境が簡単に実現するテント倉庫があれば、安定的かつ効率的に作業ができるのではないでしょうか。

テント倉庫はガレージとしても使える

十分な強度を備えていることから、テント倉庫はガレージとして使うことも可能です。
愛車の置き場所に困っているのであれば、検討する価値は大いにあるといえるでしょう。
なぜテント倉庫が車の保管場所に適しているのかというと、ボディのサイズに合った空間を簡単に作り出すことができるからです。
従来の車庫では全体をコンクリートで仕上げるため、それなりの工期が必要です。
しかも建築物の一種としてみなされますから、地域の自治体などに届け出て許可をもらう必要もあるかもしれません。
一方でテント倉庫ならば工期は短く、ほしいと思ったときにすぐ作ってもらうことができます。
その上サイズを自由に調整することができるため、愛車のボディサイズにぴったりな置き場所が容易に入手できるのも魅力です。
使われている素材もある程度は柔軟性のあるものなので、コンクリート製の倉庫と違って、間違って車のボディをこすってしまったときでも被害を最小限に抑えることができます。

テント倉庫の耐用年数は気象に左右される

テント倉庫の耐用年数ですが、これは気象条件に左右される部分が大きいです。
テント倉庫に使われる壁や屋根の素材はシート膜であり、環境要因によって劣化・風化していくことになります。
その原因に挙げられるのは例えば日光による紫外線・酸性雨とか海岸近くでの塩分の多い潮風なども含む風雨、日中と夜あるいは夏場と冬場の気温差・湿度変化・積雪・PM2.5なども含む煤塵等が挙げられます。
これらは広い意味で気象・環境要因であり、少なくともテントをその場所に設置したオーナー自身の手で何かコントロールできる要因はほぼ存在しません。
とくに日本では四季がはっきりしており湿度も一般的に高く、この意味ではテント倉庫にとって過酷な状況におかれていることになります。
その分だけメーカーも耐用年数には力を入れており、10年から15年程度は利用できるものが一般的ですが、建設の前には耐久力とか保証についてもメーカーと相談しておいたほうが良いでしょう。

テント倉庫は換気システムや空調システムが欠かせない

テント倉庫には、換気システムや空調設備が欠かせません。
なぜかというと、テント倉庫は夏は室内が暑くなり、冬は寒くなるという特徴があるからです。
骨組みをシートでおおっているだけのテント倉庫は、外気の影響をもろに受けてしまうため、これはある意味仕方のないことといえるでしょう。
夏場などは、暑さで保管物が傷んだりするおそれがありますし、室内で働くスタッフが熱中症などで健康を害する心配もあります。
寒い冬場は結露などが発生し、それでカビなどが繁殖して保管物に悪影響が出る心配があります。
ただ、換気や空調設備を設置することで、これらの悪影響をかなり緩和することが可能です。
テント倉庫をどのような目的で使うのか、保管物への影響はどうなのか等をよく考えて、空調などのオプションを検討しましょう。
暑さ・寒さ対策には、空調設備以外にも方法はあります。
例えば反射率の高いシートを使うとか、内シートを張るなどです。
これらも組み合わせれば、倉庫内環境をかなり快適に保てるでしょう。